フィコシアニンってどんなものなの?

subpage1

フィコシアニンという成分について、知っていますか?フィコシアニンとは、藻類などに含まれる色素タンパク質のことです。


この色素タンパク質は、光合成色素として知られていて、藍藻に含まれています。



藻類の中でも、「奇跡のスーパーフード」や「スーパーフードの王様」とも呼ばれる「スピルリナ」の主成分が、このフィコシアニンなのです。

濃い青色の天然色素で、スピルリナ以外の食品からは摂取できない、大変貴重な成分なのです。

有害物質を排出するデトックス効果があり、アンチエイジングにも効果がある抗酸化作用と、免疫機能の向上作用の他、身体の炎症を軽減する抗炎症作用があることが、国内や海外の研究から明らかになっています。

積極的に摂取することで、肥満防止や生活習慣病の予防に効果があり、アレルギー症状の緩和の他、美肌効果も期待できるのです。
また、近年では、他の食品などから摂取した放射性物質を排出する働きが、特に注目されています。

スピルリナの情報を要約した情報サイトです。

このように美容と健康に大変効果のあるフィコシアニンですが、前述のとおり、スピルリナからしか摂取できませんし、スピルリナ自体が、一般的に出回っている食品ではありませんので、やはりスピルリナサプリメントで摂取するのがおススメです。
スピルリナは、フィコシアニン以外にも、9種類の必須アミノ酸全てと、カリウムやマグネシウム・カルシウム・鉄などのミネラル分とビタミン類を豊富に含んでいるため、スピルリナサプリメントには、健康に有効な成分がたっぷり詰まっていますよ。

Yahoo!知恵袋関連情報サイトです。

医療関係の情報

subpage2

フィコシアニンとは藻類などに含まれる色素タンパク質のことです。ギリシャ語の「藻類(phyco)」と「青色(cyan)」から名付けられており、藻の青色を作り出します。...

next

学ぼう医療の事

subpage3

フィコシアニンとは藻類などに含まれる色素たんぱくです。主な働きは抗酸化力で生活習慣病をおさえる役割があります。...

next

納得の事実

subpage4

フィコシアニンは最古の藻といわれるスピルリナなどの、一部の藻類に含まれる独特な成分です。フィコシアニンは水溶性の色素タンパク質であり、光合成色素としても知られています。...

next

知っておきたい常識

subpage5

フィコシアニンは、35億年前の太古より地球上に存在していた全長400μm、幅7μmほどの螺旋型の濃緑色の螺旋状単細胞微細藻類であるスピルリナや有殻糸状根足虫の藍藻や紅藻、クリプト藻などに豊富に含有される光合成色素です。現在では、抗体や抗原などの免疫学的測定の色素としても用いられています。...

next